2008年03月28日

ソニー、騒音99%カットのノイズキャンセリングヘッドフォン

 ソニーは3月14日、アクティブタイプのノイズキャンセリングヘッドフォン「MDR-NC500D」を4月21日より販売開始すると発表した。価格は4万9350円。
l_hi_so01.jpg
 周囲の音をマイクで集め、逆位相の波形を生成してぶつけることで騒音を低減するという仕組みそのものは従来製品と変わりないが、従来はアナログ信号処理で行っていたノイズキャンセル処理を「世界初」(同社)というデジタル化、周囲の騒音を約99%低減することに成功した。

 マイクで集められた周囲の騒音は内蔵するA/Dコンバーターでデジタル化され、対応する波形が「デジタルシグナルプロセッサー」で生成される。入力された音楽もA/Dコンバーターを通じてこのデジタルシグナルプロセッサーへ入り、最終的には騒音をカットした状態でD/Aコンバーターから出力される。同時に、搭載する「デジタルイコライザー」がキャンセリング時に起こる再生音への影響を制御することで、高音質な音楽再生を実現したという。

 ノイズキャンセル処理をデジタル化することでソフトウェアでの制御が可能となり、キャンセル処理の特性(フィルター特性)を切り替える機能も搭載している。航空機内の騒音対策に最適化された「NCモードA」、電車やバスに最適化された「NCモードB」、オフィスや自宅内のOA機器や空調が発する騒音に最適化された「NCモードC」の3つを備えている。
posted by nemry at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

D-snap

パナソニックは3月18日、SDオーディオプレーヤー“D-snap”シリーズの新製品として、長時間再生が可能な「SV-SD870N」を発表した。ホワイト、ブラック、レッド、シルバー、ブルーの5色をそろえ、4月18日に発売する予定だ。価格はオープンプライスだが、店頭では2万円前後になる見込み。
l_ts_dsnap01.jpg
 「騒音キラー」こと「SV-SD850N」の後継機。付属のカナル型イヤフォンとノイズキャンセリング機能により、電車などでは騒音を83%カットし、音量を上げずに音楽を楽しめる。また周囲の音も聞けるモニターモードを使用すれば、電車内のアナウンスなども聞き逃さないという。

 バッテリーにはリチウムイオン充電池を採用。前述の通り約100時間の連続再生が可能になった。ただし、この数字はノイズキャンセル機能オフの数字で、オンにした場合は連続約60時間となる。

 再生可能なフォーマットはAAC/WMA/MP3。付属の2GバイトSDカードでは、高音質モード(128kbps)で約510曲、標準モード(96kbps)では約680曲、長時間モード(64kbps)なら約999曲を記録できる。

 D-snapシリーズの特徴であるPCレスのリッピングも進化した。同時発表の「D-dock」(SC-PM870SD/PM670SD)とドッキングした場合、SDカードを抜き差しすることなく、CDからD-snap内のSDカードへ直接録音できる。また従来機同様、D-dockの内蔵 HDDからの高速転送やD-snapの充電、再生も可能だ。このほか、別売の録音用ケーブル(RP-WA100)を用い、ポータブルMD/CDなどから直接録音する機能も備えている。

 外形寸法は35(幅)×91.3(高さ)×12.3(奥行き)ミリ。重量は約40グラム。パッケージには2GバイトのSDカードのほか、3サイズのイヤーピース、D-snap portアジャスタ、Windows用の「SD-Jukebox Ver.6.9LE」のCD-ROMなどが付属する。

しかし、いまどきMP3で、2万円とは、高すぎるんじゃないの?
posted by nemry at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

ワンセグ付ラジオ SONY

胸ポケットに収まるサイズに2.0型液晶を搭載。最大約8時間のワンセグ視聴ができます。ジョグレバーを採用することにより、操作をより簡単に行うことができます。見たい番組を探すのもレバーを上下するだけ。名刺サイズのワンセグ付ラジオで、これからはニュースの映像もラジオでチェックしましょう。
ft02_img_02.jpg
ラジオ放送のノイズが気になるときは、本体側面のノイズカットスイッチを「入」に。高域のノイズが低減されて人の声が聴き取りやすくなるので、ニュースを聴くときなどに便利です。また、ヘッドホンとつなげて使用できる高感度アンテナを付属。ラジオからワンセグに切り替えたときも、アンテナを立てる必要がなく、ポケットから取り出してそのまま番組を視聴できます。

胸ポケットに収まるサイズに2.0型液晶を搭載。最大約8時間のワンセグ視聴ができます。また、ボタンひとつで気軽にラジオとワンセグの切り替えができるので、普段はラジオ、気になる番組があるときはテレビとして活用できます。

価格は25,000円程度、結構シンプルでスタイリッシュなところが中高年に受けそうだ。
posted by nemry at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

レノボ、小型・軽量ノートPC「ThinkPad X300」発表

 レノボ・ジャパンは26日、ノートPC「ThinkPad」の新モデル「ThinkPad X300」の製品発表会を都内で開催した。
49027-main300.jpg
液晶は13.3型(WXGA+)で、LEDバックライトを採用。従来のCCFL(冷陰極蛍光ランプ)に比べ2.5mmの薄型化、140gの軽量化を実現。また、液晶背面に配置された無線LANアンテナの性能を最大限に活かすために、アンテナ付近には非導電性材料のGFRP(ガラス繊維強化プラスチック)カバーを採用、それ以外の部分はCFRP(炭素繊維強化プラスチック)カバーで耐衝撃性を高めている。

「ThinkPad X300」は、CPUの種類、保証期間の違いで「647612J」「647816J」「647818J」3タイプがある。「647612J」は、OSに Windows Vista Business(以下同)、CPUがCore 2 Duo SL7100(以下同)、メモリは1GB(最大4 GB)、保証期間は1年。価格は346,500円。
「647816J」は、メモリが1 GB(最大4 GB)、保証期間は3年。価格は357,000円。「647818J」はメモリが2GB(最大4GB)、保証期間は3年。価格は365,400円。

ちょっと待ってくれ、中国製にしては高すぎんか?
誰か買うやつがおるんかなー、有りえん。
5万円以下なら買ってもいい。
なんせ中国製やから。
posted by nemry at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

ソニーからワンセグ見られる「名刺ラジオ」

ソニーは2月6日、AM/FMラジオ機能付きポータブルワンセグテレビ「XDV-G200」を4月10日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は3万円前後。
そnhi_so01.jpg
そnhi_so02.jpg

 ボディは58(幅)×92(高さ)の名刺サイズの縦型と小型軽量化が進められ、厚さも14ミリに抑えられている。重量は約87グラム。2.0インチの液晶を搭載しており、内蔵充電池で約8時間のワンセグ視聴が行える。ラジオ利用時はAM受信時で約22時間、FM受信時で約18時間の連続利用が可能だ。

 根強い人気をもつ“名刺ラジオ”と同様、40代からの男性を中心に狙うコンセプトもあり、操作インタフェースは非常にシンプル。本体上部にはワンセグ/AM/FMいずれにも利用できる選局ボタンが設けられるほか、ヘッドフォン/スピーカーの切り替えスイッチも側面に用意されている。

 アンテナはロッドアンテナではなく、ヘッドフォンケーブル兼用のコードタイプ。ラジオ/ワンセグ利用の切り替え時にアンテナを立てる/付け替えることなく利用できる。また、ラジオ利用時のみに限られるが高域ノイズをカットして聞きやすさを高めるノイズ低減機能も備えている。

 パッケージにはヘッドフォンやACアダプターなどに加え、スタンド機能付きキャリングケース、充電スタンドなどが付属する。
posted by nemry at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どっこい太郎

「探し物探知機」である。
あらかじめ失くしやすいものに電波を発する子機を付けておき、いざ紛失したときにリモコンのスイッチを入れると、その在処を音で知らせてくれるという代物だ。高齢者には、まあいいかなー。
ts_doko03.jpg
ts_doko01.jpg
クマザキエイムの「どこいっ太郎」(型番:RF-315)だ。

これの良い点は、まずリモコンがコンパクトである点だ。また、子機が5個も付いてくるのもいい。価格的にもほかの探し物探知機に比べて安価で、楽天市場の某店で税・送料込み9000円。脱力するような商品名と、その名がリモコンにデカデカと書いてあるデザインセンスには少し疑問が残るが、この手の製品は見た目よりも中身である。デザインに納得いかなくても、確実に紛失物がある場所を知らせてくれればそれでいい。

 ただし、子機のセンスの悪さには閉口だ、携帯電話や、キーなどにつける事になるので、もっとおしゃれであって良い。
 たぶん段階の世代ももうどんどん高齢化する訳だし、センス次第ではいい商売になるとは思う。
posted by nemry at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

ペン回し専用ペンが発売

タカラトミーは1月31日、“回しやすさ”を追求したペン回し専用ボールペン「PEN'Z GEAR」(ペンズギア)を発表した。2月21日に発売する予定で、価格はペン単品が525円。ペン回しのティーチングDVDとペン2本をセットにした「ペンスピニングDVDセット」が1575円。
ts_pen00.jpg
 日本ペン回し協会との共同開発により、“PEN SPINNING”(ペンスピニング、ペン回し)に最適化したペン。通常のペンは、書きやすさを求めて軽くなっているが、PEN'Z GEARは約13グラムと若干重く、また重心が中心にある。このため、左右のバランスが均等で初心者にも回しやすいという。

 全長は190ミリ。ペンの太さは直径9.7ミリ。上級者向けに重さやバランスのスタマイズも可能にした。両端にある金属製のウェイトを着脱することにより、0.6グラム単位の調節が行える。

 もちろん普通のボールペンとしても使用可能。第1弾となる12種は、6色(黒、赤、青、緑、オレンジ、紫)で登場する。また、ペンスピニング DVDセットに同梱されるDVDには、11種の華麗な技と日本ペン回し協会の一流スピナーによる丁寧なティーチング映像が収録される。
posted by nemry at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

ドラえもんのタケコプターがついに!

有りそうで無かった、ドラえもんタケコプターのラジコン。エポック社から出る。

赤外線コントロールで飛ぶ、室内専用タケコプターです♪
手のひらサイズの可愛らしいドラえもんを、簡単操作で上下左右に自由自在に飛行させることが出来ます。
簡単な操縦でビギナーからでも十分に楽しめて、上級者にはひみつ道具を持たせて前進させるなど、
レベルに応じて幅広く楽しめます。「のび太の町」ジオラマ付きで飾ってもかわいいよ♪
photo1.jpg
商品名:ドラえもん ひみつ道具 空飛ぶタケコプター

予定価格:¥6,980(税別)/¥7,329(税込)

発売予定日:2008年2月23日(予定)

対象年齢:15歳以上

商品内容:本体、送信機、ジオラマ、ひみつ道具各種

電源:送信機:単3電池×6本(別売)
       本体 :充電池(リチウムイオン電池)内蔵

posted by nemry at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

工事不要!訪問者を確認できる「リビングドアスコープ」

居間にいながら訪問者を確認できる

 訪問者が誰なのかを確認するために、玄関のドアにほぼ必ず付いているのが「ドアスコープ」だ。しかし実際に確認するためにはドアの前まで行く必要があるため、面倒な上に在宅していることを訪問者に察知されてしまうというデメリットも存在する。もちろんモニター付きのインターホンなら、玄関まで出向かずに相手が誰なのかを映像と音声の両方で確認することができる。ただ住居に最初から装備されていればよいが、そうでなければ配線工事などを行なって設置する必要があるため、使いたくても使えないという人は多いのではないだろうか。

 こうした悩みを一挙に解決してくれる製品として、シャープから登場したのが「リビングドアスコープ」である。カメラに映し出された訪問者をワイヤレスで親機となるモニター上に表示するという製品で、特徴はカメラを設置する場所にある。

aadoor1_o_.jpg
 ワイヤレスでカメラに映し出された映像を見て訪問者を確認するという説明だけだと、カメラを玄関の「外」に設置するようなイメージだが、実はカメラを設置するのは玄関のドアの「内」側で、製品名どおりドアスコープ越しに玄関の外を映し出すようになっている。

 カメラをドアの内側に設置するメリットの1つとして、訪問者にカメラを意識させないことが挙げられる。不快とまでは言えなくても、カメラ付きのドアホンのボタンを押すときに緊張したという経験は多くの人が持っているのではないだろうか。しかしドアの内側にカメラを取り付ける「リビングドアスコープ」なら、見られていることを意識させないため緊張を強いることがない。またドアの内側に取り付けるため、住居の外観に手を加える必要がない点は、特に賃貸物件の場合に大きなメリットとなるだろう。

 取り付けが容易であることも、「リビングドアスコープ」の大きな特徴だ。コインを使ってドアスコープを若干ゆるめ、その隙間に製品に付属するカメラ固定用のアタッチメントを引っかける。再度コインを使ってドアスコープを締め、さらにアタッチメントの押さえを回してしっかり固定する。最後にマグネットでアタッチメントにカメラを取り付けて、落下防止用のワイヤをセットすれば完了だ。アタッチメント2種類付属されているので、取り付けるドアに合ったものを選べるのは嬉しい配慮だ。なおカメラは単3電池3本での動作となっているため、配線などを考える必要がないこともポイントだろう。ちなみに1日5回、20秒間利用した場合で半年間電池を替える必要がない。

door5_300x.jpg
 なお、「リビングドアスコープ」はIEEE802.15.4(2.4GHz帯)という規格を利用して映像を電波で飛ばしおり、その到達距離は見通し約40mとなっている。このため、通常のマンションなどであればほぼ問題なく利用できる。

 なお、今回は親機が卓上型の製品を利用したが、これとは別に壁掛け型の製品も用意されており、利用シーンに応じて選択できる。またこの製品はオプションとして、玄関だけでなく離れたところからペットの様子を確認するといった用途に使える「ワイヤレス室内カメラ」と、1階と2階のそれぞれで訪問者を確認するといった使い方を可能にする「増設モニター(卓上型/壁掛け型)」が用意されている(「ワイヤレス室内カメラ」は最大4台まで(ワイヤレスドアカメラ含む)まで、「増設用モニター」は1台増設可能)。こうしたオプションにより幅広い使い方ができるのも、「リビングドアスコープ」の魅力だ。

http://www.sharp.co.jp/products/hnd100/index.html

価格帯としては2万円台中盤というところか。
高いと思うか安いと思うか、微妙なところだ。

posted by nemry at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。