2008年09月26日

裸眼立体視できる「3Dデジタルカメラ」

 富士フイルムは9月24日、3Dデジタル映像システム「FUJIFILM FinePix Real 3D System」を開発、同システムを利用して、立体映像を裸眼で楽しめる「3Dデジタルカメラ」を2009年に製品化すると発表した。
20080925-000000lp-sci-thum-000.jpg
 この「3Dデジタルカメラ」はレンズと撮像素子を2つずつ搭載、微妙な角度差をつけて撮影した2つの映像を内部で合成し、特殊な背面ディスプレイに立体映像として見えるように映し出す。背面のディスプレイは左右の目に入る光をそれぞれ制御する機構を備えており、メガネなど特殊なデバイスなしに“見るだけ ”で立体感を得ることができる。

 立体視という特殊な処理を行うための映像処理プロセッサーとして「リアルフォトエンジン3D」が新開発された。このエンジンはシャッターを押すだけで2 つの撮像素子から3D映像を得るための撮影条件を設定する「3Dオート」機能を備えており、3Dオートは静止画のみならず動画でも有効だ。

 リアルフォトエンジン3Dでは条件の異なる2つの映像を撮影することも可能となっており、今回の試作機に実装はされていないが、レンズの画角や色調/露出など撮影パラメーターの異なる2枚を同時撮影したり、2つのレンズで撮影した映像をパノラマとして合成するといったこともできる。動画/静止画の同時撮影も可能だ。ちなみに、3Dデジタルカメラで記録された3D映像のファイルは独自形式となる。

 同社では開発した3D映像を映し出すための液晶モニターも開発した。2.8型の小型タイプは3Dデジタルカメラに搭載し、8.4型の中型タイプはデジタルフォトフレーム用として用意する。また、凸レンズの役目を果たす特殊なシート(レンチキュラーシート)を一体化することで立体感を出すプリントサービス「3Dプリントシステム」も提供を検討するとしている。
posted by nemry at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

砂糖からガソリンを生成

 米国立科学財団(NSF)は9月17日、農業廃棄物や非食用植物を由来とする砂糖の燃料への転換に成功したことを、2つの研究チームが今月発表予定であることを明らかにした。

 1組はVirent Energy Systemsとウィスコンシン大学マディソン校の共同研究チーム、もう1組はDumesic laboratory。両者ともに、砂糖と糖質を、ガソリン、ディーゼル、ジェット燃料などへと精製することに成功したという。

 両チームが開発した精製法の鍵となっているのが、「aqueous phase reforming(水相改質)」と呼ばれる技術。植物由来の砂糖と糖質のスラリー(粉末状の固体と液体の混合物)を一連の触媒に通すと、炭素を含んだ有機分子が構成要素に分解され、石油から抽出されるものと同じ化合物を再形成するという。

 この技術で重要な点は、この中間化合物の形成に水素が必要とされない点だという。水素はスラリーから得られるためだ。また砂糖のもととなる原材料が農業廃棄物ややせた土地でも育つスイッチグラスなどの植物であることから、原料費を抑えられるとしている。
posted by nemry at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。