2008年08月02日

トヨタ Segwayのパクリ?「Winglet」

 トヨタ自動車は8月1日、人が立って乗ることができる“パーソナル移動支援ロボット”「Winglet」(ウィングレット)を開発したと発表した。「Segway」のように体重移動で操作できる2輪車で、今秋から中部国際空港などで実用性の検証を始める計画だ。
sk_toyota.jpg

 2輪の台車のような部分に人が立ち乗りし、独自の平行リンク機構により、乗る人が体重移動することで前後進・旋回操作を行える。センサーで常に姿勢を検出しながら制御し、安定した状態のまま2輪走行できるという。

 取っ手部分(ステアリングユニット)の変更で3つのバリエーションがあり、ステアリングユニットにつかまりながらの実用的な走行が可能な「Type L」や、両手フリーな状態でスポーティーに走行できる「Type S」など、用途に応じて選べるようになっている。

 電動式で、1時間の充電で10〜5キロの距離を走ることができる。最高巡航速度は時速6キロ。台車部分は投影面積が265×464ミリとほぼA3用紙サイズ。重さはType Sが9.9キロ、Type MとType Lが12.3キロで、持ち運びが可能だとしている。

 今秋、中部国際空港と複合型マリンリゾート施設「ラグーナ蒲郡」(愛知県蒲郡市)で、移動手段としての実用性を検証する。来年には「トレッサ横浜」(横浜市)で、人混みなどでの使用性や、他人への心理的な影響を検証する予定としている。

 ちなみに、本家の米Segwayは、日本では80万円くらいで発売されている様だが、あまり情報を聞かない。

 いずれにしても、原油高騰、温暖化もあり、電気で動くこれら、有効活用、またさらなる実用化に向けた開発、法整備して、公道で乗れる様にする。等々、今後いろんなバリエーションが、考えられる。

 トヨタが、政府にどんどんアイディアを提案して行く必要がある。
  
posted by nemry at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。